きもの総合プロデュース
きものメーカーと小売店を
ネットワークで結ぶ
会社案内

経営理念
 ・わが社は、各人が仕事を通じて自己実現する為の場であります。
 ・自己実現とは「三方良し」の願望を実現することです。
 ・働きは、この願望実現へ向かっての実践です。
 ・この実践は、自らの可能性を信じ常に工夫し この自信と工夫の継続によって企業人としての実力を増す事です。

 ※「三方良し」とは、自分と相手とその両者を包む全ての存在の「共生」を実現する事、即ち、自信と相互の
 信頼と感謝の心によって、更に大きな力が湧き立つ状態を実現することです。
 この喜びが自己実現なのです。その為に、私心にとらわれず心を大きく開く事、これが訓練の始まりです。


経営方針
 ・わが社は、経営理念に基づいて社会に役立つ創造的経営を目指します。
 ・わが社は、経営の原理原則に従って経営の成果を追求します。 
 ・わが社は、取引関係先ともパートナーシップによって 共に勝つことを目指します。
 ・わが社は、機能主義と実力主義に徹します。
 ・わが社は、全員参加型経営に向けて 創意と実践を大切にします。



地球上に最初の生物が誕生して以来、環境や状況に適応し変化することを恐れなかったモノだけが生き残ってきた。
企業もまた生き物。時代のニーズに適切に対応し、自己革新を楽しみながら新しい文化の構築に
貢献していくパワーこそが活き活きと活動する「やまと」の信条。



会社概要
創  業 明治28年
設  立 昭和28年6月
資 本 金 6800万円
売 上 高 10億円
従業員数 27名(男性21名・女性6名)
事業内容 きもの(卸)総合プロデュース
関連会社 信和産業株式会社・有限会社ムラタ
主要取引銀行 滋賀銀行、三菱東京UFJ銀行、京都銀行

アクセス

より大きな地図で 会社地図 を表示


沿革
1895年 明治28年 初代村田市太郎呉服加工卸創業
1921年 大正10年 前社長家督相続し、二代目村田市太郎襲名
1931年 昭和 6年 業績の進展に伴い、室町通り松原北へ移転(現アリービル所在地)
1940年 昭和15年 日中戦争拡大、繊維品統制令のため、日本絹人絹織物統制株式会社の代行店、伴市商店に統合
1942年 昭和17年 太平洋戦争激化、企業整理令のためやむなく営業中断解散
1949年 昭和24年 終戦後、数年にして再び業務再開
1953年 昭和28年 名称を株式会社やまと商店とする〔資本金350万円〕
1956年 昭和31年 増資 資本金500万円
1963年 昭和38年 増資 資本金2000万円
1967年 昭和42年 現在所在地に移転
1968年 昭和43年 社名を「やまと株式会社」に改名
1969年 昭和44年 貿易部門、生産部門、開発部門を信和産業株式会社として設立新社屋完成、 資本金4000万円
1972年 昭和47年 結社20周年記念祝賀会催す
1974年 昭和49年 創業80周年
1977年 昭和52年 増資 資本金6800万円 結社25周年
1980年 昭和55年 前社長死去新社屋増築完成、現会長が社長に就任、三代目村田市太郎を襲名
1981年 昭和56年 第1回清談会催す(講師 盛永宗興老師)
1983年 昭和58年 結社30周年、創業88年記念謝恩会(清談会)催す(講師 盛永宗興老師)'83年全国70万の企業の
中から超優良企業506社にランクされる
(58年8月7日号サンデー毎日に掲載/帝国データバンクリサーチ)
1985年 昭和60年 創業90周年記念講演会(清談会)催す
1989年 平成元年 第1回コシノアヤコブランド発表会を催し、ファッション部門スタート
1991年 平成 3年 ファッションビル「アリー」完成
1993年 平成 5年 大蔵省認可による「私募債」さらに1億円発行(合計2億円)
1995年 平成 7年 創業100周年記念講演会(第15回清談会)催す(講師 盛永宗興老師)
2000年 平成12年 恒例20回清談会(講師 神渡良平氏)パーティーにて社長より21世紀に向けて方針発表
2003年 平成15年 三代目村田市太郎会長に就任、村田憲治社長に就任
2006年 平成18年 綿ちりめん「きはる」が京都市よりバリュークリエーションプラン・オスカー賞
受賞京都を代表するものづくり企業100社に認定される
2011年 平成23年 中村裕社長に就任


やまと株式会社
〒600-8433 京都市下京区高辻通新町角繁昌町288番
TEL.075-341-6221 FAX.075-361-8555

Copyright (C) 2008 Yamato Corporation. All Rights Reserved.